活動

人文情報学部門の活動

2022年度

  • 2021-07-13

    • IIIF対応ビューアMirador Version 3のアノテーションツールチッププラグインを公開しました。

2021年度

2020年度

2019年度

2018年度以前

大学院生・若手研究者による活動

2021年度

  • 2021-05-22

    • 当部門で学んだ望月澪氏・鈴木政宏氏・関慎太朗氏・大月希望氏が第126回情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会で発表を行い、大月氏が学生奨励賞を受賞しました。

2020年度

  • 2020-11-29

    • 当部門で学んだ王一凡氏・小川潤氏・小風尚樹氏・渡邉要一郎氏が、二国間国際シンポジウム、2020 Korea-Japan Symposium on Digital Humanities "Zooming-in and zooming-out - Principles and methods in Digital Humanities -"において発表を行いました。

  • 2020-11-21

    • 当部門で学んだ大井将生氏・鈴木親彦氏が、日本デジタル・ヒューマニティーズ学会国際学術大会 JADH2020において発表を行いました。

  • 2020-10-18

    • 当部門で学んだ大井将生氏が、デジタルアーカイブ学会第 5 回研究大会で発表を行いました。

  • 2020-09-05

    • 当部門で学んだ渡邉要一郎氏が、第124回情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会で発表を行いました。

  • 2020-06-06

    • 当部門で学んだ小池俊希氏・大月希望氏が、第123回情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会で発表を行いました。

2019年度

  • 2020-03-12

  • 2020-02-23

  • 2020-01-02

    • 小風尚樹氏が2018年9月から1年間留学していたイギリスのKing's College Londonのデジタル・ヒューマニティーズ修士課程にて、コース首席者(2018/19 Best Overall Student in the MA in Digital Humanities)として修了しました。

  • 2019-12

    • 立命館大学で開催された人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2019」にて、小風尚樹氏・佐治奈通子氏・鈴木親彦氏が発表を行い、小風氏が学生奨励賞を受賞しました。また、同シンポジウム内の、国立歴史民俗博物館が主催した企画セッション「若手研究者によるCH/人文情報学」にて、王一凡氏・小川潤氏・小風尚樹氏・村田祐菜氏・渡邉要一郎氏が発表を行いました。

  • 2019-05

    • 京都大学人文科学研究所で開催された第120回情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会において、小川潤氏・小林拓実氏・佐治奈通子氏・塚越柚季氏・村田祐菜氏が発表を行いました

2018年度以前